元彼が単純に喜ぶ一言

振られた元彼でも立場が逆転する一言

意外と有効な一言を紹介します。

 

「私に会えなくて寂しかったんじゃない?(笑)」

と、かわいらしく言いながらも好意を隠さない。
※好意と言っても「男性に対しての好きな気持ち」ではなく
人間として、友人としての好意という意味です。

 

注意点

この時に気を付けることは

  • 決して好きという気持ちは前面に出さないこと!
  • 自分に自信を持ち、一人でも生きていける印象を与える
  • 私はもうあなたのものじゃないと思わせる

です

 

わかりやすい例えで言うと
ルパンに出てくる不二子ちゃんみたいな感じです。
※スタイルや見た目の問題ではありません。

 

私は一人でも大丈夫だし、他の新しい男性もいるかもしれないけど、

 

あなたは大丈夫なの?

 

これくらいの気持ちで言っても大丈夫です。

※他の男性がいるとはっきり伝えてもダメです。
あくまでも、いるかもしれないというのが大事です。

 

難しいポイント

この場合に難しいのは、「ただ単に強がっている」と思われてしまうことです。

 

セリフ口調になったり、好きな気持が全面に出てしまっては意味がありません。
だから、自信がないように見られるのもダメです。

 

そのためにも、「笑顔」は絶対に必要です。
※ひきつらないようにね!

 

一人でも生きていけるような女性に見られる為には、
自然な笑顔でこの言葉を言う必要があります。

 

さらには、無邪気な女性を演出することも大事になります。

 

 

 

この言葉は、自分が彼に振られた場合でも有効です。

元彼は「あなたが自分にまだ気持ちがあるんじゃないか」と思っているところで
これを上で書いたように言われると、意外とびっくりします。

 

基本的に男は別れた彼女は、その後も自分のことをずっと好きでいると勘違いしています。

 

その勘違いを、ズバッと切るようでそれでいて、ある意味、照れ隠し的な印象も与えることが重要です。

 

この言葉により、振られた元彼でも立場が逆転することもあるのです。

トップへ戻る