元彼が嬉しくなる言葉

元彼にそれとなく気持ちを伝える一言

ここで紹介する言葉は、相手に好きな気持が伝わっていないことが前提条件となります。

 

元彼が今でもあなたは、自分のことが好きだと思っているのに
このような言葉を言ったら逆効果になってしまいます。

  • ・別れてから、数カ月は連絡もしてない
  • ・別れる時に元彼はまだ自分のことを好きだった
  • ・別れの理由が、お互いの気持の問題ではなく仕事などの場合

このようなケースでは有効的な手段となります。

 

自分から、うまく相手に気持ちを伝えることが出来ない。
もしくは、元彼が自分への気持ちをそのままに(キープ)しておきたい女性が対象です。

 

 

これらの言葉は、相手の反応によりこちらも対応ができる一言です。

 

久しぶりだからこそ効果がある言葉

・「心配してたんだけど元気にしてる?」

 

・「今でも仕事がんばってる?」

 

・「ご飯ちゃんと食べてるの?」

ストレートですが、心配していたという気持ちを伝えることで、

「会わないでいても、いつも気にかけていてくれたんだ」

と男は嬉しくなります。

 

この言葉は付き合っている時はあまり有効ではありません。

 

いつも言われると、うるさく感じる言葉ですが、
久しぶりに会った元カノに言われると、男はかなり喜びます。

 

ちょっとした言い方で変わる言葉

・「彼女できちゃった?」

「彼女できた?」ではなく、「ちゃった?」
と、出来て欲しくないということを少し意味を含めて言ってみましょう。
もちろんこの場合も笑顔で可愛いらしくです!

 

※しかし、あまりにも心配しているような雰囲気や嫉妬しているような態度は絶対にダメです。

 

あくまでも、
「できれば今は彼女がいてほしくないなー」
程度の態度にしましょう。

 

これから先を連想させる言葉

・「連絡先を変えるなら教えてよね?」

この言葉は、なにかあったら連絡したいと伝えることで、これからも関係を続けたいと思ってもらえます。

 

この言葉を聞いた男性は、自然と

これから気軽に連絡しても大丈夫そうだな

と思うようになります。
こう思うことで、元カレから連絡が来やすくなるのです。

 

決して、連絡先を変えたときだけではなくこれらら先、何かあれば元カレから連絡が来るようになるでしょう。

 

 

 

でも、ここで注意しなくてはいけないのは、男が体目的だけで考える場合もあるので、
もしも別れてからも体の関係があった場合は、使うことは避けたほうがいいです。

 

男は別れたあとでも体目的で元カノと会いたいと考えるものです。{そこに愛情はありません。}

トップへ戻る