恋が冷める時と長持ちさせる方法

なぜ?恋は冷めてしまうのか?

★恋が冷める時

なぜ?恋は冷めてしまうのか?

 

人間は恋をすると脳内物質が出る(ドーパミン)
その影響でドキドキしたりするのだが、
その状態は人間の体にとってはすごく
負担になる状態である。
だから、一定期間をすぎると
その物質が出なくなる。
その代わりに冷静な考えをすえるようになる。
この時に、恋が冷めた?
と勘違いしてしまうケースが多いらしい。

 

だから、恋が冷めるのは当然という考えでいたほうがいいのかもしれない
そう思ってしまうと面白くないかもしれないし、冷たい人間だと思われるかもしれないけど
頭の片隅にでも置いておくと、いざという時に取り乱したりしなくなるかもしれません。

 

ただ、恋をしているドキドキの時が一番楽しいという事実もあります。

 

★恋を長持ちさせる方法とは?
○スキンシップが大事○

 

一緒にダンスをすると恋が長持ちすると言われている。

 

これは、お互いに触れ合うこと、
それが恋が長持ちする原因となっているらしい。

 

恋愛ホルモンではなく、
愛情ホルモンが分泌される。

 

この愛情ホルモンは恋愛ホルモンと違って、
継続的に放出されることがわかっている。

 

 

そのホルモンを効果的に自然に分泌させるには
ダンスなどを一緒にするといいらしい。

熟年カップルでオシドリ夫婦と言われている人たちのイメージはたしかに
ダンスを踊っているというものがあります。
ダンス以外でも、散歩のときに一緒に手をつないで歩くだけでも
気持ちの面、心理的な面でいい方向に行くのでしょう。

トップへ戻る